バイアグラ25mgと50mgの効果の違い|飲み分けのコツ・選び方

バイアグラ25mgと50mgの効果の違い|飲み分けのコツ・選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
バイアグラ25mg50mg

バイアグラには25mgと50mgがあるのをご存知でしょうか?

この記事では、それら2種類のバイアグラの効果の違いや、飲み分けのコツ・選び方などを解説して行きます。

これからバイアグラを購入する方はもちろん、既に両方試している方にもお役に立てると思いますのでご一読下さい。

はじめてバイアグラを飲む人は25mgから

バイアグラ25mg

 

体に合うか確かめる意味がある

勃起不全だと疑い始めた時点ですぐに医師の診断を受けるべきなのですが、忙しさや恥ずかしさを感じることもあるでしょう。

そのような時は、市販の精力剤などを試したり、生活習慣を改善したりすることで、勃起不全の解消も可能です。

ただし、それで勃起不全を解消できない場合には、単純なEDではない可能性が高く、早期治療しないと完治できない程になってしまうこともあります。

そうなる前に、医師の正しい判断が必要になるため、できるだけ初期の段階で医師の診断を受けておいたほうが良いでしょう。

バイアグラが必要かどうかはあなた自身と医師の判断によるものなので、EDの要因さえわかってしまうと、重病や重症を見抜いて対策し、取り返しがつかなくなるという事態は避けられます。

生活習慣の改善が済むまでの間のセックスを夫婦でもっと充実させたい場合は、夫婦一緒に受診し、バイアグラやレビトラ、シアリスの処方も考慮に入れて、行為に関する刺激や他の楽しみ方なども合わせて学べるかもしれません。

バイアグラを飲む場合には、体に合うかどうか確かめて、効果が強く出過ぎてしまうようなときは、レビトラやシアリスに変更する可能性もあります。

また、価格面で負担が大きいような場合、ジェネリックのバイアグラを選ぶ方法もあります。一人で、夫婦だけで悩んでいても解決できないことなので、早めに医師に相談して根本的に、安全に治療できるようにしましょう。

いきなり50mgは処方してもらえないかも

日本人医師

バイアグラの処方は体に一定の負荷を強いることになるため、いきなり50mgのバイアグラを処方するのはリスクがあります

25mgのバイアグラからはじめて、問題がなく、効果も薄いようなときはバイアグラ50mgの処方に切り替えるというやり方が一般的です。

バイアグラ25mgを飲んでみて、勃起力、持続時間、副作用の強さ、効果時間などをチェックして、バイアグラ25mgで十分な場合は、そのまま生活習慣の改善などを続けながらバイアグラ25mgを飲み続けることになります。

もちろん、バイアグラ50mgに切り替えても良いのですが、勃起力が劇的に絶倫になるほど強くなるわけではありません。勃起するまでの勃起力や持続力に差がある程度で、それほど気にすることではありません。

副作用の心配からまずは25mgからスタート

バイアグラをはじめて処方してもらう方は、基本的にバイアグラ25mgからの処方になると考えていたほうが良いでしょう。

既にレビトラやシアリスの服用経験があり、特に副作用が出ていないのであれば、医師の判断でバイアグラ50mgを処方してもらえる可能性はありますが、精力剤の使用経験がない人の場合は、いきなり大きい容量のバイアグラ摂取は危険が伴います

バイアグラやレビトラ、シアリスを摂取すると血圧が上昇するため、万が一持病があり、それに気づいていなかった場合は、無理をした分、体の何処かに異常が出てしまう可能性があります。

十分に気をつけてバイアグラを摂取し、できるだけ低用量のバイアグラ25mgだけで完治できるようにしましょう。

バイアグラ25mgを飲んで、頭痛や鼻炎などの副作用が強く出るような場合は、バイアグラではなく、レビトラやシアリスに切り替えるのが理想的です。

シアリスは特に効果が出るのが緩やかなため、バイアグラでは作用が強すぎる人でも飲めるということで世界中で人気の精力剤です。

バイアグラでなくても勃起力をアップさせる精力剤は複数あるため、バイアグラだけにこだわる必要はありません。

シアリスやレビトラにも容量が2種類ほどあるため、低容量のものからはじめて少しずつ体の様子とも相談しながら最適な容量の精力剤を飲むようにしましょう。

作用が弱い場合や効果が薄い場合に50mgを使う

バイアグラ50mgを飲んでもペニスは大きくならない

バイアグライメージ4

バイアグラ50mgを飲むと、勃起力はバイアグラ25mgよりは力強く勃起させてくれますが、勃起力が強くなってそのままペニスサイズがアップするわけではありません。

もちろん、射精量が増えるわけでもなく、勃起力が上がるくらいしかメリットがありません。バイアグラ25mgを飲んでも十分な効果が得られない時に、バイアグラ50mgを処方してもらうことで効果が感じられるようになります。

バイアグラで効果が充分でない場合はレビトラやシアリスなどを選ぶか、海外で購入できるバイアグラ100mg、バイアグラ100mgのジェネリックを選ぶことになります。

バイアグラを飲むと、ほとんどの人が勃起できるようになりますが、勃起できるだけであって、ペニスが大きくなるわけではありません。

大きくなったように感じることがあっても、それはフル勃起したからで、ペニスが大きくなったわけではありません。

それまでは6割、7割でしか勃起できていなかったのが、一気にバイアグラで勃起力が回復して、ペニスが本来持っていた大きさになっただけという可能性が高いです。

ペニスは生まれつき持ったサイズ以上に大きくはできないため、バイアグラに期待しすぎずに適切に摂取するようにしましょう。

バイアグラ50mgで精子の量は変わらない

コンドーム精子

バイアグラ25mgもバイアグラ50mgも、効果はどちらもしっかりと出てくれますが、勃起力がはっきりと強くなるのはバイアグラ50mgの方です。

バイアグラの成分シルデナフィルの濃度が大きい方が効果は大きくなります。しかし、バイアグラ50mgを飲んでも、精子の生産量は変わらないため、食事の栄養バランスを整えたり、精子の量が増えるようにサプリメントを摂取するのがベストです。

バイアグラを飲むとED気味の状態に比べるとしっかりと硬く、たくましい勃起になりますが、精子の生産が不足していると射精に伴う快感は減って、セックスやオナニーの気持ちよさも減ってしまいます。

男性の射精量は少ない場合は1mlにも満たないのですが、たくさん射精する時には10mlを超えて射精することもあります。3日ほどオナ禁していると射精量はアップし、栄養をしっかり補給することで射精量は多く、精液の濃度も濃くなって、においも濃くなります。

射精量はバイアグラやレビトラ、シアリスではコントロールできないため、射精量を増やしたい場合はクラチャイダムゴールドのようなサプリメントや、高麗人参、マカなどの食材、漢方のような素材を活用しましょう。

射精量が増えることによって、当然、セックスやオナニーも強い快感を得られるようになるため、ぜひ勃起不全解消に合わせて、射精量のアップも考えてみてください

勃起力の効果や持続時間は良くなるかも

バイアグラ50mgを飲むと、効果が出ている間の勃起時間や勃起時の硬さが、バイアグラ25mgよりも強くなってくれます。

それに伴い副作用も強く出てしまいますが、勃起している間の硬さが増すため、女性はより快感を得られるようになります。

セックス中の勃起持続時間が伸びることで、女性は快感をより長く感じていられるようになるので、セックスにも積極的になり、中イキするまでのセックスもできるかもしれません。

フル勃起状態で硬さも維持することで、女性の一番奥で感じられるようになるため、Gスポットだけでなく、子宮口付近の快感スポットでセックスの虜になってくれるかもしれません。

勃起力に合わせて変えて飲むのがオススメ

勃起不全レベルの診断

勃起不全の状態には一定のランク評価、診断評価があり、約4段階に分けられます。医師の問診により、点数が付けられて、重症ED、中等症ED、軽症ED、EDではないという4つの評価がつけられます。

勃起不全が重症EDの場合、医師のアドバイスのもとペニスの勃起力、硬さに応じて治療方法が検討されます。重症EDの場合は、既に性的興奮と共にペニスが膨らみはしても、硬くはならないためセックスはできないという苦しい状態です。

射精するにも勃起していないと精子が絞り出されない可能性があるため、同じく苦しい状態です。

ED診療ガイドライン
参考:https://www.jssm.info/guide-line

軽度の勃起不全の場合はバイアグラ25mg

バイアグラ25mg

軽症EDの場合は、バイアグラを飲むまでもない場合もありますが、バイアグラを選ぶ場合はバイアグラ25mgで十分だと判断されます。

バイアグラよりも効果が薄めのシアリスやレビトラを選ぶこともありますが、どれを利用するかは医師と患者の話し合いの余地があり、バイアグラの処方もしてもらえます。

軽症EDから中等症EDの場合は、バイアグラ25mgやレビトラやシアリスを選ぶ事も多く、ある程度治療もしやすいものです。もちろん、禁煙を心がけて、運動習慣を心がける必要があるため、勃起不全の根本原因は、医師とともに明確にしておく必要があります

重度の勃起不全にはバイアグラ50mg

勃起持続

重症EDの場合は、どんなに性癖に適したアダルト動画やアダルト漫画、グラビアを使っても十分な勃起が一切できず、治療方法もバイアグラ以外のものを選ぶことになる可能性が大きくなります。

ペニスの中の海綿体組織にステーシスを入れて勃起時の硬さをサポートしたり、注射をして勃起力を高めたりするような方法もあります。

外科手術的な方法も多くありますが、できるだけメスを入れずにバイアグラやレビトラなどの経口摂取だけで治療できるのが望ましいです。重症EDの場合は十分な効果が確約できない可能性があるため、事前に覚悟だけはしておきましょう。

食事と運動と健康的な生活を最優先に

禁煙してお酒もやめてみて

 

バイアグラ25mgの摂取だけで済ませたい場合は、できるだけ食事と運動だけで勃起力を高める必要があります。そのための前提条件として禁煙は必須で、勃起不全につながる大きな要因として喫煙は早めにやめましょう。

バイアグラ50mgを飲んでも喫煙していては効果が十分に出てくれない可能性があるため、バイアグラ50mg本来のパワーが発揮されるように禁煙するのが理想です。

バイアグラ50mgで5時間十分な硬さを確保できるはずの所、喫煙しているとその半分くらいしか効果が出てくれない可能性もあります。硬さも持続力も半減してしまっては高いお金を払ってバイアグラ50mgを飲む意味がなくなってしまいます。

禁煙できていると、バイアグラ25mgで十分満足できるレベルの勃起力を確保できる可能性もあります。

お酒も控えめにし、セックスの前はきちんと食事もとって、体温も高めに維持できるように環境を整えて、セックスするお布団、ベッドのホコリ取りや清潔さも意識するとセックス中の鼻炎予防や頭痛予防にもつながります。

勃起できるようになったからと言って何の我慢もせずに勢いに任せてハッスルしてしまうと血圧が高くなりすぎてフラフラになってしまうため、気をつけましょう。

セックスに本気でガンガン女性をイカせたい場合は、スタミナ向上や筋トレもしっかり行ってバイアグラの効果がきちんと出るようにしてください。

運動習慣をしっかり身につけてみて

有酸素運動

 

 

勃起力を高める最も効果的な方法は、運動です。下半身、太もも、ふくらはぎの筋トレとしてスクワットをするのが特に効果的だとされています。

日頃ほとんど運動しない方は、まずはスクワットやウォーキングからはじめて、運動してから勃起力に差があるかどうか試してみてください。

運動に合わせてアミノ酸やビタミンサプリメントなどを補給して、精力がアップするか、射精量がアップするか確認し、もし改善が見られるような場合は、バイアグラを飲まなくても勃起不全を解消できるかもしれません。

栄養バランスの良い食事を整えて

運動をしてみてもあまり勃起力に差が出ないと感じる方は、食事の栄養バランスを改善し、摂取する栄養量も増やしてみてください。

近年の社会人は仕事のストレスや疲労で、栄養をいくら摂取していても常に不足している状態になっている場合があります。

食材の栄養状態も悪くなっているため、しっかりと食事をとっていても栄養が足りない可能性もあります。

食事、運動、精力サプリメントなども合わせて勃起不全が少しでも改善できるように工夫してください。

医師にバイアグラを処方してもらう際、最初はバイアグラ25mgを処方されると思っておき、その時点である程度の効果が出るように事前準備をしておくのが理想です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

error: Content is protected !!