ペニス増大勃起力アップ概論

ペニス増大手術の種類と効果について

ペニス増大方法の1つに、ペニス増大手術があります。
僕は小心なのでこれだけは試していないのですが、1番短時間で確実にペニスを増大させることが出来る方法だと思います。
現在は主に3種類の手術が行われており、これらについて紹介していこうと思います。

・長茎手術

人間のペニスは外的に見えている部分の他に、体内に埋もれている部分が存在します。
メスで切開してその埋もれている部分を引っ張り出す手術がこの長茎手術になります。

埋もれている部分が引っ張り出され、ペニスが伸びることによって、包茎が改善することもあり、短小で包茎の方にとっては一石二鳥の手術であると言えます。

ただ、股間部分にメスを入れるので当然傷痕が残ってしまいます。
陰毛で隠れてしまうので、気にならない方は気にならないとは思いますが、セックスの時にもしかしたら相手の女性にバレてしまう可能性も少なくはないと思います。

それと、この手術で知っておかなければならないことは、この手術を受けることによって、通常時のペニスの長さは伸びますが、勃起時の長さには全く影響がありません。
ですので、通常時のペニスの長さにコンプレックスがある方にとっては有効的な手術ですが、勃起時のペニスの長さを伸ばそうとするならこの手術は無意味なのです。

・脂肪吸引長茎手術

この脂肪吸引長茎手術とは、直接的にペニスを長くするもしくは太くするといった手術ではなく、体に溜まった脂肪を除去することで体をスッキリと見せ、その効果によってペニスを大きく見せるといった方法です。

ですのでこの方法は肥満体型の方向きの手術です。

肥満体型ですと、体が大きく見えるのでその分ペニスが小さく見えます。
それを脂肪吸引で見方を変えるという仕組みです。

ペニス自体が小さい、勃起時に逞しいペニスになりたいと思う人には不向きな方法です。

・薬液注入

近年この薬液注入でペニスを増大させる方法は、とても進化しており、手軽に施術を受けられるということでとても人気がある方法です。

薬液注入はいたって簡単で、ペニスを増大させたい部分にヒアルロン酸や自分の脂肪を注入するだけでペニスが増大するといった方法です。

元々は亀頭増大のための方法だったのですが、近年はペニス増大として、主に美容外科などで行われています。

薬液に使われるヒアルロン酸ですが、美容外科で豊胸やアンチエイジングなどで使われているものであり、人間の体内にもある成分なので、注入しても全くの無害なものです。

メスを使わずに注射で注入するだけなので、傷痕も残らず人気がある方法なのですが、時間と共にヒアルロン酸が体内に吸収されてしまうので、一時的にペニスは増大しますが、だんだん時間が経つにつれ元の大きさに戻ってしまいます。

元に戻ったらまた再施術ということになりますので、費用も結構掛かります。

僕はこのデメリットが無ければ、ぜひ受けてみたい方法だと思いました。
一時的であっても大きくなったペニスを手に入れたい!なんて思った時期もありましたからね・・・。

でもやっぱり半永久的に大きなペニスを手に入れたくなって、ペニス増大系サプリメントを服用しました。

ペニス増大手術は、大がかりな増大方法ですので、個人の判断だけではなく、専門医によく相談をして施術を受けるようにした方が賢明です。

医師によって手術の結果の良し悪しもありますので、信頼できるいいドクターに手術をお願いしましょう。

 

ペニス増大手術の費用とリスクについて

ペニスを増大させる方法の中で、短時間で一番効果的な方法は、ペニス増大手術を受けることです。
手術を受ければ確実に効果が出ますし、すぐにペニス増大させたい場合はとても有効的な方法です。

しかし効果が高い分、万が一失敗した時のリスクも非常に大きいです。

ここではペニス増大手術について具体的に紹介していこうと思います。

【ペニス増大手術の種類と費用】

・長茎手術

体内に埋まっているペニスの部分を、引っ張り出してペニスを長くさせる手術。

費用は大体40万円前後です。

・脂肪吸引式長茎手術

おなか周りに溜まった脂肪を吸引し、体をスリムにすることによってペニスを大きく見せる手術。

費用は大体30万円前後です。

・薬液注入施術

体内に入っても安心な薬液をペニスに注入することにより、ペニスを増大させる施術。

ヒアルロン酸の場合、入れる量にもよりますが、10ccで大体15万円前後、自身の脂肪を注入する場合、60万円前後です。

【ペニス増大手術におけるリスク】

・傷痕が残ってしまう

メスを使ったペニス増大手術の最大のデメリットは、傷痕が残ってしまうことです。
切開する部分は陰毛で隠れはしますが、切開して縫い合わせた部分は陰毛が生えてこない場合があるので、場合によっては手術した痕が見えてしまう可能性があります。
特にフェラチオが好きならば、女性にバレてしまう可能性が大きいです。

・実はペニスの長さは変わらない

長茎手術ですが、体内に埋まっているペニスの部分を外に引っ張ることで、ペニスの長さを伸ばすといった手術なのですが、これはペニスが通常の状態なら長さは伸びた状態になるのですが、勃起した状態になると実は長さは変わらないのです。

なので通常時のペニスの長さを長くしたいなら効果はありますが、勃起時のペニスの長さを長くしたいならこの手術は無意味なのです。

脂肪吸引式もそうですが、これはあくまでも周りの脂肪を取り除く手術であるので、ペニス自体の大きさは全く変わりません。

・薬液注入によるペニス増大は期間が限定的

薬液注入の施術は、メスで切らないので傷痕も残らないし、ペニスのどの部分をどれだけ大きくするかといった融通も利くので、施術に踏み切りやすい方法であると言えます。

しかし、この方法の1番のデメリットは、永久的ではなく期間限定という点です。

ペニスに注入する代表的なものは、豊胸やほうれい線改善などによく使用されているヒアルロン酸です。
このヒアルロン酸というのは、体に無害であるのですが、それゆえ体内に吸収されてしまいます。

吸収されるスピードはそんなに速くはないですが、でも確実にゆっくり吸収されます。
一時的にペニスを大きくするだけのために施術を受けるのならいいのですが、半永久的に大きくしたいのであれば、別の方法を試した方が賢明だと思います。
施術費用もバカになりませんからね。

・最悪の場合、壊死する可能性がある

ペニス増大での直接的な医療事故ではありませんが、過去にヒアルロン酸注入による隆鼻術を受けた女性が、ヒアルロン酸を注入した部分の血管が圧迫され壊死してしまったという美容外科の医療事故が起こっています。

これは技術力が乏しい医師による施術で起こってしまった事故ですが、薬液注入によるペニス増大もこれと同じ方法で大きくする施術ですので、万が一こういった医療事故があるかもしれないということをきちんと理解しておく必要があります。

ペニス増大手術は非常に効果がある方法だとは思いますが、一方ではこのような大きなリスクも常に付きまとうということを考えなければなりません。

一刻も早くペニスを大きくしたいという方には、とても効果的だとは思いますが、それ以外でしたら、まずは手軽に始められるサプリメントから始めることをお勧めします。

勃起力アップする「PC筋」トレーニングとは?

勃起力アップ方法で一番推す方法がペニス増大精力増強系サプリメントの服用なのですが、それと同じぐらい推す方法が「PC筋トレーニング」です。
僕は結構好きでいつも行っているのですが、当初はペニス増大目的でやり始めたのですが、今はどちらかというと早漏防止のトレーニングとして行っています。

早漏防止の他にも勃起力アップにもつながるトレーニングで、このPC筋トレーニングをきちんと毎日行っていれば、相当な効果があると思っています。

というか個人的な見解ですが、これきちんとやっていれば、ペニス増大手術受ける必要なんてないんじゃないかと思っています。

それぐらい期待できるトレーニング方法です。

【なぜPC筋を鍛えるのか】

まずPC筋は何なのかということから説明していきます。

PC筋とは恥骨尾骨金のことで、これを英訳して省略した言い方がPC筋です。
PC筋が直接働くのが排泄をコントロールする時です。
例えば用を足す時に、おしっこを途中で止める時に働くのがPC筋です。

おしっこを止めようとすると、肛門がきゅっとなってペニスが少し動きます。
これはPC筋の働きによって起こる現象です。

ではこのPC筋はペニス増大とどのように関わりがあるのでしょうか。

直接的な働きとして、体内に埋まっている海綿体を外に出そうとする作用があり、海綿体が外に引き出されることによって血液を大量に吸収できるようになります。
またPC筋は血液の流れる量を調整する働きもあるので、PC筋を鍛えることは、ペニスの増大や勃起力のアップに繋がってくるのです。

そして排泄にも大きく関わりがある筋肉なので、射精感のコントロールを鍛えるのにも効果がります。

ネットか何かで見た情報ですが、某有名AV男優はこのPC筋を常日頃から鍛えているそうで、PC筋を鍛えていることによって射精感を自在にコントロールできるようになったそうです。

僕自身、PC筋を鍛えるようになり、少しですが射精感を我慢できるようになりました。
まぁまだまだコントロールが効かないことの方が多いですが・・・。

【PC筋はどうやって鍛えるの?】

このPC筋のトレーニング方法ですが、実に簡単でどこでもできるので非常にお勧めです。

まず肛門を5秒ぐっと締める。
そして5秒緩める。
これを繰り返すだけです。

立った状態でも、座った状態でも、寝ている状態でも、どんな体制でも効果があります。
締める緩める、これを10回で1セットとして、1日朝昼晩寝る前4回をまずは3ヶ月間毎日やってみてください。
確実に効果が出ます。

またこのPC筋トレーニングは周りにバレることはないので、いつでもどこでも場所を選ばずに出来ます。
満員電車の中や授業中でも出来ちゃいます。

ただこのようなトレーニングは、毎日やらなければ効果は出ません。

目に見えて効果が分かるトレーニングではないので、本当に効果が出ているのかわからず途中でやめてしまう人も多いようですが、少なくとも僕は早漏改善や射精感のコントロールが出来てきているので、毎日やっていれば効果が出ると確信しています。